無村塾のコンセプト

参加者(聞き手)、座長(話し手)、コーディネーター(進行役)で構成されています。

座長は参加者の中から、自薦、他薦により約2週間前に決定されます。

 

当日、座長はテーマをもとに5分間程度の話しをし、話材を提供します。 (過去のテーマ一覧はこちら

その後、コーディネーターが、その話材にそった設問を作り、参加者にそれぞれの意見を聞いていきます。

少数意見や面白い意見、若者の柔軟な発想など、無村塾ならではの意見が続出します。